FRIENDS OF GOD☆ラブヒムゴスペル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 神さまの子ども。神さまの友だち。

<<   作成日時 : 2008/12/25 12:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

『わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』 マタイの福音書28:20
"I am with you always, even to the end of the age." Matthew 28:20

Merry Christmas!みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私の関わる、ゴスペルクワイアのクリスマスコンサートも終了し、今年も残すところ僅かとなりました。
このクリスマスに、皆さんにお伝えしたいこと。それは、神さまがどんなお方なのか?
私たちと、どう関わってくださるのか?と言うことです…。

神さまとの親しい関係を持つ。

自分は、何者なのか?何のために、存在しているのか?
自分にとって、変わらない、いつでも立ち返ることの出来る居場所はあるのか?
いざという時、何を頼りにすれば良いのか?
家庭、友人、仕事、お金…私たちは、様々な拠り所を持ちます。
しかし、これらは、すべて、いつかは手放すことになるものです。
私とは、いったいどんな存在で、何を頼りに生きてゆけば良いのか?
聖書や、ゴスペルソングが語るメッセージは、次のようなものです。

「私の永遠に残るアイデンティティーは、神に愛され、罪赦され、永遠の神の子とされていることです。
それは不変です。…」
(今日の詩篇、明日の詩篇 P.368 / 羽鳥 明著)

"God Almighty, Lord of Glory, You have called me friend..."
〜全能の神、栄光の主、あなたは私を友と呼んでくださった。

"Friend of God" / Michael Gungor, Israel Houghton

「神さまに知られている。神さまが、ともにいて下さる。」ことは、何にも代えがたい喜びです!

目に見えない神様よりも、誰か人に頼りたい、人から愛されたい…。
ある人は、そのように考えるかもしれません。しかし、人の愛には限界があります。
人と人との、到底、埋められないような溝、越えられないような壁…。
人の意志や、努力だけでは、解決できない問題に直面したとき、私たちはとても無力です。
人は誰もが不完全なので、人に全てを期待する事はできません。

「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、
敵意を廃棄された方です。」
エペソ人への手紙2:14-15

神さまとの親しい関係を持つ事によって、健全な自尊心が与えられて、
人間関係も祝福され、修復されてゆくように思います。

神さまとの親しい関係を持つ。…それはいつも神さまと共に歩むこと。
何をするにも、神さまのためにするように、心から行なうこと。
絶えず祈ること、神さまへの感謝を持って、与えられた人生を楽しむこと。
自分の考えや行ないを、神さまの視点に照らし合わせて吟味すること。
神さまを賛美すること、礼拝すること。…他にも、まだたくさんあると思います。
神さまと、どうやって親しい関係を築くかについては、下に紹介する
「人生を導く5つの目的/リック・ウォレン著」に詳しく書かれていますので、興味のある方は、是非ご一読下さい。


人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための40章
パーパス・ドリブン・ジャパン
リック・ウォレン

ユーザレビュー:
時々読み返すと助けに ...
典型的日本人のあなた ...
古典となる、よく出来 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神さまの子ども。神さまの友だち。 FRIENDS OF GOD☆ラブヒムゴスペル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる